実際にプログラミング学習サービスをやってみました!
やってみたのはHour of Codeというものです!

ネット上でプログラミングを学習できるサービスです。

メリット

  • ネットにさえつながればいつでも学習できる
  • 有料のものもあるが、ほとんどが無料で体験できる
  • プログラミングの設計部分を学べる(論理的思考、問題解決力)

などがあります。

初心者が始めるならここからが良さそうです!

Hour of Codeとは

Hour of Codeとは

1時間だけプログラミングを学ぼう!

をコンセプトにしているサービスで、ゲーム感覚でプログラミングを学ぶことができます。

アメリカの非営利団体が運営していて、無料で学習できます。

2014年、オバマ大統領も参加しています!

 

Hour of Codeの優れている点

  • 無料
  • 日本語にも対応
  • 8億人近くが体験
  • 組み立てたプログラミングをすぐに確認できる
  • 初球から上級まで対応

 

さっそくやってみよう

まずはHour of Codeを体験してみることにします!

今回は画像左下のフェイスブック創始者であるザッカーバーグの写真が載ってるやつにしてみます!

クリックすると、まずはモチベーションを上げるためにいろんな人がコメントしてくれます!

それから説明の動画が始まります。

そしてレッスンが始まります!

どうですか?

ゲームですよね!

ブロックを使ってキャラクターを指定の位置まで導けというものです。

実際に導くことに成功すると

こんな感じの画面が出まして、コードを表示を押せばブロックのコードも見れます。

このような問題を20個クリアすれば

なんだか嬉しいクリアした証書がもらえます。

もしHour of Codeをやる場合、会員登録をしておくと、
途中までやったところとかも保存されるので便利ですよ♪

やってみた感想

まだ1時間コースを体験しただけですが、

ゲームみたいで楽しい!

と感じました。

僕はプログラミング完璧に初心者です!

今回、動かしたのはブロックですが、そのブロックには決まったコードが当てはめられているので

ブロックさえ理解すれば、あとはコードを当てはめるだけでプログラミングは完成します。

まずは、プログラミングへの苦手意識が薄れた気がします。

まとめ

今回Hour of Codeというプログラミング学習サービスを体験してみました。

感じたことは、

  • ゲームみたいで楽しい
  • プログラミングへの苦手意識は薄くなった
  • もっとやってみたい

でした。

Hour of Codeを運営しているCord.orgはコード スタジオというのもやっており、

20時間コースもあります、これを学べばかなりプログラミングを理解できるみたいです。

次はこちらもやってみようと思います!

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事