◯✖️ゲームを実際に作り始めます!
前回の記事で準備はできていると思います。
今回は、変数とリストの作成、初期化のプログラムを組んでいきます。

変数とリスト

◯✖️ゲームを作るにあたって、変数とリストを先に説明します。

変数とは・・・何らかのものを入れておく箱みたいなものです。自由にデータを入れたり、一時的に保存したり、いつでも参照できる便利な機能です。

リストとは・・・複数の変数を連続して並べたもの

まず変数を使って、『ターン』と『勝者』の表示機能を追加します。

ステージをクリック→変数→変数を作る→『ターン』を作成

同様に『勝者』も作成

ターン、勝者の横にあるチェックを外せばステージに表示されなくなります。

盤面を配置する為、リストを作ります。

リストを作る→『盤面』を作成

盤面が作成され、コードに新しくブロックも出てきました。

今回作った変数とリストについて

変数

ターン・・・次の人が◯か×かを管理する為の変数。ターンの中には◯と×というデータが入っている。

勝者・・・勝者を表示する為の変数。○、×、なしのデータが入っている。

リスト
盤面・・・◯×ゲームの盤面。3×3の盤面を作る為のリスト。◯、×、なしが入っている。

変数であるターン、勝者の中には○、×などのデータが入っていて
盤面は3×3マスの盤面を作る為のリストです。

データ初期化する為のプログラム

各スプライトに初期化のプログラムを組んでいきます。

これは○×ゲームを始める時に、各スプライト(ステージ、こま1、ターン)を

ちゃんと初期の状態に戻す為のものです。

まずはステージの初期化の設定をします。

ステージの初期化

先ほど作成した2つの変数とリストも初期化する必要があります。

簡単に説明すると、

○×ゲームの初期画面は

勝者→なし

ターン→×からスタート

盤面→白紙(なし)に戻す。盤面は9マスあるので全てをなしにします。

上記内容をプログラムで組むために下の画像のプログラムを組みました
これで旗マークを押した時に、
勝者→なし
ターン→×
盤面→白紙
になります!

こま1の初期化

スプライトのこま1を選択します。

初期状態では盤面には何も表示されていないはずなので

こま1を白紙(なし)にする必要があります。

その為、下記のようにプログラムを組みました。

こま1のコスチュームは

○、×、なし

の3つがありますので、なしにすることで、盤面は白紙となります。

ターンの初期化

スプライトのターンを選択します。

初期状態ではターンは×から始まるので、×となっているはずです。

ターンを×にする必要があります。

その為、下記のようにプログラムを組みました。

ターンのコスチュームは

○、×、なし

の3つがありますので、×にすることで、ターンは×となります。

まとめ

今回は変数とリスト、初期化について説明しました。

変数とは・・・何らかのものを入れておく箱みたいなもの。自由にデータを入れたり、一時的に保存したり、いつでも参照できる便利な機能。

リストとは・・・複数の変数を連続して並べたもの。今回は3×3の盤面を作る為のリストを作成しました。

初期化とは

今回は○×ゲームなので、スタート画面の状態にすることになります。

各スプライトを初期の状態にする必要があるのです。

ステージ、こま1、ターンを初期の状態にするプログラムを今回は組みました。

変数、リスト、初期化について今回は学びました!

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事