プログラミング学習サービスのScratchをやってみました!
今回は◯✖️ゲームを作る前の準備になります!

Scratchの画面説明

  1. ステージ
    プログラムした内容が表示される
  2. スプライト
    プログラムで使う、キャラクターや背景、アイテムの絵柄を表示・登録する場所
  3. ブロックパレット
    スプライトに対する命令のリストが表示されている。
    各命令はブロックとして用意され、種類によって分類されている
  4. コード
    命令ブロックを配置する場所。
    ブロックパレットからドラッグオンドロップで組み立てが可能

素材をゲットしよう

まずはサイトにアクセスしてください。

検索に三目並べを入れて検索してください。

上記三目並べの素材をクリックし

リミックスボタンを押します。

すると『私の作品』に三目並べ素材が保存されます。

これで◯✖️ゲームの素材は揃いました。

ステージとスプライトについて

ステージとは・・・演劇でいう舞台

スプライトとは・・・ステージを彩るあらゆる要素

今回の三目並べの素材には4つのスプライトがあります。

Sprite1・・・おなじみのキャラクター(飾り)

こま1・・・◯ゲームにおいて主役的な役。これを9つ作って9マスの盤を作る

ターン・・・画面左上に配置し、今どちらのターンかわかるように示す為のアイコン。◯とに切り替わる

スプライト1・・・画面左上に配置されているTurnという文字(飾り)

今回は1つのステージに4つのスプライトが配置されているということになります。

コード、コスチューム、音について

各スプライトには個別のコード、コスチューム、音を設定できます。

コード・・・スプライトを制御するプログラムを書く場所。Scratcの場合はブロックを組み合わせることで、プログラムを組んでいく。

コスチューム・・・スプライトの見た目(図形)を管理する場所。1つのスプライトに複数の図形を設定でき、コードで管理することが可能。

音・・・スプライトが動いたり、クリックされた時に音を設定できる。

まとめ

今回はScratchで◯✖️ゲームを作る準備になります。

ステージ、スプライト、ブロックパレット、コードと見慣れないものにまず慣れていきましょう!

ステージ・・・プログラムした内容が表示される

スプライト・・・プログラムで使う、キャラクターや背景、アイテムの絵柄を表示・登録する場所

ブロックパレット・・・スプライトに対する命令のリストが表示されている。各命令はブロックとして用意され、種類によって分類されている

コード・・・命令ブロックを配置する場所。ブロックパレットからドラッグオンドロップで組み立てが可能

次はいよいよ◯✖️ゲームを作る過程に入っていきます!!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事