カズ
最近よく聞くようになった「格安SIM」や「格安スマホ」なんだけど、どういう仕組みになってるの?

ナギスケ
初めて聞く言葉が多くて戸惑ってしまうよね。
まずは基本的なことから説明していくよ。

まず最初に「SIM(シム)」について説明します。「SIM」とは「SIMカード」の略称です。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にはインターネットや音声通話を利用するために必要な「SIMカード」と言われるICチップが入っています。

この「SIMカード」には電話番号などの個人情報が登録されていて、利用者の特定が可能となります。携帯ショップで携帯を購入した時に定員さんが小さなチップを入れているのを見たことあるという人もいるかと思います。

携帯電話本体によって個人が識別されていると勘違いしている方が多いのですが、このSIMカードによって識別されています。

格安スマホって何? ~イチから説明~

SIMについて理解したところで次に「格安SIM」について説明していきます。簡単に言うと大手キャリアと呼ばれる「ドコモ」「au」「ソフトバンク」以外の携帯会社が販売するSIMのことを「格安SIM」と呼びます。

この格安SIMを使っているスマホのことを「格安スマホ」と呼んでいるのです。

「格安スマホ」は、スマホ本体が安い!という意味ではないので誤解がないようにね。例えばだけど本体価格が高額と言われているiphoneでも格安SIMは使えるからね。イメージとしては...
格安SIM + スマホ = 格安スマホ

ナギパパ
格安SIMについて理解できてきたかな?

カズ
カギとなるのはSIMカードなんだね‼
少しずつだけど、わかってきたよ。

「格安SIM」と対応しているスマホとは?

実はどのスマホに格安SIMを差し込んでも使えるというわけではないのです。格安SIMは、大手キャリアの回線を借りているため、どこのキャリアの回線を使っているかで、使えるスマホが決まってきます。

大手キャリアスマホに加えて、「SIMフリースマホ」と呼ばれるスマホがあります。このSIMフリースマホは、どのSIMを差し込んでも使用が可能です。

それぞれに対応している機種を選ぶ必要があります。以下が対応表になります。

どうして格安スマホは格安なのか!?

大手の通信キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は回線をつなぐために基地局などの通信設備の維持費や大規模な投資を行っています。また全国各地に店舗があるので、店舗費用や人件費がかかっています。

しかし、格安スマホは大手の通信キャリアの回線を借りているため、設備維持費、設備投資、人件費などお金がかからないのです!その結果として通信費用を安く提供することができるのです。

ナギスケ
格安スマホの仕組みについてわかってもらえたかな?
次の記事では格安スマホのメリット・デメリットについて書いていくよ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事