知ってる人もいると思うけど
GoogleがSTADIAっていうゲームのプラットフォームを発表しました!
何がすごいのか?
簡単に説明するね!

『STADIA』はGoogleが作った、ゲームのプラットフォームです。

プラットフォームとは?

アプリケーションが動作する環境のこと。

ハードウェアの場合はコンピューター自体、ソフトウェアの場合はOSを指す。

コトバンク

ゲームができる環境を構築したということです!

結局何がすごいの?

今まではゲームをする!って思ったときは

PS4や任天堂スイッチ、XBOXとかゲーム機を使っていたよね!

それがいらない!

ゲーム機本体がいらない!

スマホでゲームしている人が今は多いと思うけど、

PS4やスイッチほどのクオリティーは出ないよね。

それが出せます!PS4並!それ以上!

wifiがあって、それを受信出来る機器があって、画面があれば出来ちゃいます!

スマホやパソコン、テレビなどがあればできちゃうんですよ!

4K、HDR、60fps、サラウンドサウンドに対応するみたいです!

4Kとは

簡単に説明すると今僕らがみているフルハイビジョンは207万画素となります。
そして4Kはなんと829万画素もあるのです。単純に4倍キレイ!

HDRとは

High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称

今までのSDR(スタンダードダイナミックレンジ)に比べてより広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できます。

SDR映像では暗い所がはっきりしなかったり、明るい所が白く飛んでしまったりしてしまうことがあるが

HDR映像では明るい部分と暗い部分がはっきりとし、良い感じになります!

60fpsとは

1秒間に60枚の静止画が使われます。アニメでよくぬるぬる動くと表現されますが

ぬるぬる動くということです!

サラウンドとは

モノラルは1つのスピーカーで音を出力。ステレオは2つ。

サラウンドは 5つか7つ!

そういうことです!!

 

将来的には最大8K / 120FPSに対応

凄すぎますね!

Youtubeからすぐにゲームできる!

YouTubeでゲームのPVやゲーム実況を見ていると、

プレイするボタンが出てくるので、それを押すだけでゲームができるみたいです。

ダウンロードやインストールはいりません。

Googleだけで全て完結!!

なんでそんなことできるの?

理由はクラウドで行っているから!

前にスマホの管理はクラウドが良いという記事を書いたけど↓

 

ゲームも全てクラウド上で行うからゲーム機本体がいらないのです。

サーバー側がクオリティをあげていくので、ユーザーは新しいゲーム機を毎回買うことなく、

バージョンアップしたゲームをすることが出来ます。

さらに開発者に関しても

クラウドゲームの開発をすることの様々なメリットがあるみたいです。

 

まとめ

STADIAとは

  • Googleがつくったゲームプラットフォーム
  • ゲーム機本体がいらない
  • wifiとそれを受信できる画面のある機器があればゲームができる
  • 画質も良い
  • クラウドでのゲームは開発者にもメリットあり
  • ユーザーのバージョンアップの必要なし

サービス開始は2019年だが、日本は入っていません!!

日本は入ってません!!!( ノД`)

米国、カナダ、英国、欧州の一部からサービスが開始みたいです。

夏に新しい情報があるみたいなのでお楽しみに!

ソードアートオンラインの世界に一歩近づいた気がする!
VRとかもこれを使えば流行ってきそう!!

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事