一万円札の肖像が渋沢栄一になるみたいですね!
渋沢栄一って誰!?って人に簡単に説明しますね!

渋沢栄一って誰?

[1840~1931]実業家。埼玉の生まれ。一橋家に仕えて幕臣となり、パリ万国博覧会幕府使節団に加わって渡欧。維新後、大蔵省官吏を経て第一国立銀行を設立。各種の会社の設立に参画し、実業界の指導的役割を果たした。

コトバンク

なんだかすごい人ってのはわかるんですが、いまいちわかりにくいですよね!
簡単にまとめていきますね!

ここがすごいよ渋沢栄一!!

  • 渋沢家は染料やを扱い、米、麦、野菜の生産も手がける農家であったが、14歳で染料の仕入れを一人で行う
  • 7歳の時には四書五経や『日本外史』を学ぶ
  • 神道無念流や北辰一刀流を学ぶ
  • 徳川慶喜の幕臣となる
  • 日本ではじめて株式会社を作る
  • 大隈重信に説得され、大蔵省に入省する
  • 改革案の企画立案を行ったり、度量衡の制定や国立銀行条例制定に携わる
  • 予算編成を巡って、大久保利通や大隈重信と対立し、井上馨と共に退官
  • 第一国立銀行(現在はみずほ銀行)の頭取に就任。多くの地方銀行設立を指導
  • 多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上
  • 対日理解促進のためにアメリカの報道機関へ日本のニュースを送る通信社を立案。
  • 「私利を追わず公益を図る」の精神で、他の財閥と違い渋沢財閥作らなかった。
  • 子爵を授かる
  • 大隈重信らとともに日印協会の設立に携わり第3代会長をつとめる
  • 関東大震災後の復興のためには、大震災善後会副会長となり寄付金集めなどに奔走
  • 男尊女卑の影響が残っていた女子の教育の必要性を考え、伊藤博文勝海舟らと共に女子教育奨励会を設立、日本女子大学校東京女学館の設立に携わる
  • 1926年1927年ノーベル平和賞の候補
  • 井上馨内閣に大蔵大臣としての入閣を求められたが、辞退
  • 日本銀行券紙幣)の肖像の候補者として何度も選ばれる
  • 韓国最初の紙幣の肖像画は渋沢栄一だった

正直功績が多すぎて、もはや何がすごいのかわからないですよね!
これだけ書きましたが、まだまだ書ききれてません!

簡潔に説明すると

一通り調べた僕が簡潔に説明しますね!
いろいろと抜けてますが、ご了承ください!

もともと家はいろいろやってる農家でした!

そこで才能を発揮する!

武術(神道無念流、北辰一刀流)や学問でも頭角をあらわす!

 北辰一刀流といえば、坂本龍馬が免許皆伝を受けた千葉道場が有名みたいです!

武術を学ぶにあたって天皇\(^o^)/外国を撃退しよう!!

となっていろいろやらかしそうになるが従弟が止めてくれる。

そこからなぜか、徳川最後の将軍徳川慶喜の幕臣となる!

出張でパリに行って感銘を受ける!

大政奉還があったので日本へ帰還!

徳川慶喜から『これからはお前の道を進みなさい』と言われ

日本で初めて株式会社をつくるなど、

いろいろやり始めていたところ

大隈重信に誘われて大蔵省にはいる。

改革案の企画立案を行ったり、度量衡の制定や国立銀行条例制定に携わったりするも

大久保利通や大隈重信と対立して退官!

退官後はもともとやろうとしていたことを実践!

多種多様の企業の設立に関わり、その数は500以上にのぼる。

第一国立銀行ほか、東京瓦斯東京海上火災保険(現:東京海上日動火災保険)王子製紙(現王子製紙日本製紙)、田園都市(現:東京急行電鉄)、秩父セメント(現太平洋セメント)、帝国ホテル秩父鉄道京阪電気鉄道東京証券取引所麒麟麦酒(現:キリンホールディングス)、サッポロビール(現:サッポロホールディングス)、東洋紡績(現:東洋紡)大日本製糖明治製糖澁澤倉庫 など

wiki

他の財閥と違うのはお金を自分のところにいれないところ!

『私利を追わず公益を図る』

との考えを貫き通す!!

社会貢献活動も本当にいろいろとやってます!

様々な協会、財団法人、復興支援、義援金、女性の教育、に関わってます。

ノーベル平和賞にノミネートもされてます!

公共への奉仕が評価され、他の財閥の党首が男爵なところ

子爵を授かる!⇒爵位(五爵)の第4位

そして現代!!

2024年の紙幣改定により一万円札に渋沢栄一の肖像が採用される

大韓帝国で発行された初期の第一銀行券の1円、5円、10円券には当時の経営者だった渋沢の肖像が描かれていました。

なので今韓国がプリプリしてるみたいですが、いつものことなので

全く気にする必要はないです!

渋沢栄一はなるべくして紙幣の肖像となってと言えるでしょう!!

まとめ

正直渋沢栄一のことを僕は知りませんでした!

授業で習ったかもしれませんが、通り過ぎてしまっていたのだと思います。

今回調べていくうちに、本当にすごい人だなと思いました。

『私利を追わず公益を図る』

の通り、人の為、国の為、活動してました。

そこに私利私欲がまったく感じられません。

今ある大企業も渋沢栄一が関わったものがたくさんあります。

見習うべきことがたくさんありますね!!

渋沢栄一は徳川慶喜との関係も深く、
徳川家を以前より身近に感じるようになりました。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事