イチロー引退会見の続きです。

Part1はこちらからどうぞ!

菊池雄星号泣!

イチロー

もう号泣中の号泣!びっくりしました!それをみて笑ってしまった。

そこでした会話?

それはプライベートなんで。

雄星が伝える分にはよいが、二人の会話で、僕が話した言葉なんで、

それを言ってしまうと絶対信頼されない。

アメリカのファンへのメッセージ

イチロー

アメリカのファンは最初は厳しかった。

日本へ帰れともいわれた。

手のひらを反すという言い方もできてしまうが、

言葉ではなくて、行動で示したときの敬意の評し方は迫力がある。

なかなか入れてもらえないけど、認めてもらった後はすごく近くなる。

シアトルのファンとはそれが出来たような、僕の勝手な印象ですが

ニューヨークは厳しかった。ただ、やればどこのエリアよりも熱い想いがある。

マイアミはラテンの文化が強い。

圧はそれほどないが、結果を残さないと絶対人が来てくれない。

特徴はそれぞれあったが、それぞれの場所で関係を築けた。

ファンの特徴をみるだけでアメリカは広いなぁと。

最後に、シアトルのユニフォームを着て、姿を見せられなく申し訳ないと思う。

ユニークなシャツは心情を表していた?

イチロー

それをいうとやぼったい。見る人の解釈だから。

言うと無粋。

由美子さんへの言葉。

イチロー

一番頑張ってくれた。

アメリカで3089本のヒットを打ったが、妻は

ゲーム前におにぎりを食べるがおにぎりを握った数が2900だったみたい。

3000個握らせてあげたかった。

僕はゆっくりしないが、妻にはゆっくりしてもらいたい

 

それと一弓

我が家の愛犬 17歳と7ヵ月 今年で18歳の柴犬

さすがにおじいちゃんで毎日ふらふらだが、懸命に生きてる。

その姿をみてたら俺は頑張らないとと思う。

これはジョークとかでなく、本当に思った。

2001年に生まれ、2002年にシアトルの我が家にきた。

まさか僕が現役を終えるまで一緒に過ごせると思っていなかったので大変感慨深いです。

 

妻と一球には感謝の思いしかないですね

 

朝日新聞やらかす

朝日新聞記者

3月の終盤に引退を決められたと話されましたが、素人が技術のことを質問するのは大変恐縮ですが打席内での感覚の変化は?

イチロー

いる?その質問いる?裏であとで話そう

一番考え抜いて決断したこと

イチロー

順番はつけられない。それぞれが一番。

アメリカでプレイするために自分の思いだけでは叶わなかったので、球団からの了承が必要。

その時に球団にいる誰かを口説かないといけなかった。

仰木監督なら、美味しいごはんとお酒で上手くいくんじゃないかと思って、それがまんまとうまくいった。

口説く相手を仰木監督に選んだのは大きかった。

洒落た人だったと思う。

仰木監督から学んだものは計り知れない。

 

一番我慢したこと

イチロー

難しい質問だ。

我慢できないんですよ。楽なこと楽なことを重ねてる感じ。

自分が出来ること、やりたいことを重ねているので我慢の感覚はない。

身体を動かしたくて仕方ないので、体を動かすことを我慢することはあったが、

それ以外は自分にとって、なるべくストレスがないように行動してきたつもり。

家では妻が料理を考えて作ってくれるが、ロードに出るとなんでも良いので、食生活はむちゃくちゃです。

我慢は特に思い当たらない

おかしなこと言ってます?w

台湾でもイチローのファンへ何か

イチロー

チェンが元気か知りたいです。

記者

元気です。

イチロー

元気でよかったです。

台湾は以前行ったことある。心優しくて良かったと思う。

菊池雄星や大谷選手など、後輩達へ託したいこと

イチロー

雄星のデビューの日に引退を迎えたのはなんかいいなと思う。

ちゃんとやれよ!という思い。

短い時間でしたが、すごく良い子で、いろんな選手を見てきたが、

左ピッチャーは変わり者が多いが、こんな良い子がいるのかという感じ。

キャンプ地から飛行機で移動するが、ドレスコードが黒のジャージのセットアップで良いが、日本についたときにジャージはだめだろという話をした。

中はジャージで外はジャケットでという話をした。

バスでもやっぱりジャケットがいるよな!って話をして。

そうですよね!って話してたのに

日本についたらジャージだった。

やはり左ピッチャーは変わっている。

大谷はケガを治して!

物理的にも大きいので、アメリカの選手にも劣らない。

あのサイズで機敏な動きが出来る。

世界一の選手にならないといけない

野球の魅力。イチローのいないメジャーについて

イチロー

野球の魅力は団体競技なところ。

チームで勝つだけでなく、個人としても結果を残さないと生きていくことはできない。

同じ瞬間がない。必ずどの瞬間も違う。

2001年にアメリカにきてから、現在の野球は全く違う野球。

頭を使わなくてもできる野球になりつつある感じがある。

これがどうやって変化していくのか

次の5年10年

本来の野球というのは・・・・

ダメだなこれは、問題になりそう

野球というのは頭を使うもの。そうじゃないのは気持ち悪い。

日本の野球がアメリカの野球に追従する必要はなくて、

日本の野球は頭を使う面白い野球であってほしい。

決してはかわってはいけないもの。大切にしなくてはならないものを大切にしてほしい。

プロ野球選手という夢を叶えて。何を成功したのか

イチロー

何を成功というのか

成功という言葉は嫌い。

メジャーだけでなく新しいことに挑戦するというのは大変な勇気だが、

成功すると思うから行く、失敗するから行かないではなく、

やりたいと思えば挑戦すればよい。その時にどんな結果がでたとしても後悔はない。

自分なりの成功を得たとしても達成感があるのかは疑問。

まぁこんなものかなぁーという感じかな。

もっと出来ると思ったが、勝利するのは大変なこと。

この感覚を得たのは大きい。

神戸への恩返し

イチロー

神戸は特別な街

選手として恩返しと思いなるべく現役を続けたいと思ったことはある。

税金をすこしでも多く払えるように頑張ります。

野球制度について

イチロー

日本の野球で鍛えられることはたくさんある。

制度だけに目を向けるのはフェアじゃない。

基礎の動きはメジャーの選手より、中学生のが上手い可能性がある。

チームとしての連携もあるが、日本では言わなくてもわかる。

個人としてのポテンシャルはあるが、その面では苦しみましたし、あきらめた。

大谷選手との対戦について

イチロー

残念ですが、

僕がピッチャーで大谷バッターでやりたかったので誤解ないように

サイヤング、ホームラン王をとるんじゃないかと想像させるところがすごい。

一流のプロ野球選手を夢見てた小学生の自分へ

イチロー

お前は契約金一億もらえないよ!

ドラ1の一億は遠く及ばなかった。ある意味で挫折

孤独感について

イチロー

現在はまったくない。

アメリカにきて、メジャーにきて、外国人になったこと。

このことは、外国人になったことで、人の心がわかったり、痛みを想像したり、

今までなかった自分が現れた。この体験というのは

本を読んだり、情報をとることは出来たとしても

体験しないと自分の中では生まれないので。

孤独を感じて苦しんだことは多々ありましたが

その体験は、未来の自分にとって大きな支えになるんだと

今は思います。

辛いこと、しんどいことから逃げたいと思うのは当然のこと

エネルギーのある、元気な時にそれに立ち向かっていくのは人として重要なことだと思います。

感想

本当にイチローらしい引退会見だったと思う。

野球に関してあまり興味がなく、詳しくもないが、

イチローの生き様はカッコイイし、影響はうけていると思う。

野球に興味がない人でもイチローには興味がある人は多いと思う。

本当にすごい人なんだなと思いました。

これからも別にかたちで活躍すると思うので楽しみに見ていきたいです。

自分も頑張ろうと思わされた会見でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事