前回は八咫鏡について説明しましたが
今回は草薙の剣について簡単に説明しますね♪
内容が被っているところもありますのでご了承ください。

三種の神器とは

まず読み方は

「さんしゅのじんぎ」と読むのが一般的です。

三種の神器は以下の3つになります。

三種の神器
    • 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
    • 八咫鏡(やたのかがみ)
    • 草薙の剣(くさなぎのつるぎ)
      =天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

草薙の剣とは

三種の神器の一つの剣のことです。

実物とレプリカがあります。

ちなみに勾玉、鏡と同じで天皇であっても見ることは禁じられています。

どこにあるの?

草薙の剣(くさなぎのつるぎ)の本物は、愛知県名古屋市の熱田神宮に祀られています。

レプリカは天皇が住まわれる皇居の寝所の隣の「剣璽の間」にあるみたいです。

語られる神話

すごく長くなるのでざっくりと説明します。

スサノオノミコトがヤマタノオロチを倒す時に、見つけたのが草薙の剣(くさなぎのつるぎ)になります。

『天孫降臨』という話の中で、

アマテラスオオミカミの孫に当たるニニギノミコトが、地上に降りる際、アマテラスオオミカミより、三種の神器を受取り、それらを大事に宮中に祀りなさいという言葉を受けました。

しかし、

ずっと一緒にいるのは恐れ多いと思ったからか、

アマテラスオオミカミから移動せよとのお告げあったのか、

真実はわかりませんが、

崇神天皇の御代に草薙の剣(くさなぎのつるぎ)と八咫鏡(やたのかがみ)の本物は別のところに移動させることになります。→2つとも伊勢へ。

その後、

英雄として名高い日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が草薙の剣(くさなぎのつるぎ)で大活躍します。

その内容とは

ある時、日本武尊は草原に誘導され、火を放たれピンチを迎えます。

草薙の剣(くさなぎのつるぎ)で周りにあった草を刈り取り、ヤマトヒメが持たせてくれた火打石で周りの草を焼いて、難を逃れました。

これにより『草薙の剣』という名前になったらしいです!

その後、別の戦に行くときに自分の力だけで行くと行って

ミヤヅヒメに草薙の剣(くさなぎのつるぎ)を預けて行ってしまいます。

そして、失敗して、死んでしまいます!

草薙の剣(くさなぎのつるぎ)を預けられた妻のミヤヅヒメは、草薙の剣(くさなぎのつるぎ)を祀るための神社である熱田神宮を創建し代々この神剣を守ることになります。

だから熱田神宮に草薙の剣があるのですね!

歴史

勾玉、鏡と同様に、様々な苦難を乗り越えています。

フィクションも混ざっていると思いますが以下のようなことが起きてます。

  • 新羅から来た僧の道行が草薙の剣を盗むが、勝手に飛んで熱田神宮に戻る
  • 更に盗むが船が難破し漂着する
  • もう海に捨てよう!とするも離れず
  • 帰ってきた草薙の剣を宮中に置くように指示した天武天皇をが崩御する(呪い?)
  • 壇ノ浦の戦いで草薙剣の形代(レプリカ)が紛失
  • 今の形代(レプリカ)は順徳天皇の時代に伊勢神宮から送られた神剣を使っている。
  • 南北朝時代に盗難にあうがすぐに見つかる
  • 火事にあうが無事(八咫鏡のレプリカは灰になる)
  • 陽成天皇が草薙剣を抜いてみると光ち、勝手に鞘に戻る
  • 草薙の剣を見ちゃった4,5人は神剣の呪いによってなくなったり、流罪になる

他の神器よりもパワーがありますね!
勝手に飛んで戻るとかすごいですよね!

まとめ

草薙の剣とは

  • スサノオノミコトがヤマタノオロチを倒す時に見つける
  • 大事に皇居で一緒に寝ていたが神より移動の指示あり
  • 伊勢に移動
  • 皇居で一緒に寝れなくなったからレプリカを作成し一緒に寝る
  • ヤマトタケルノミコトが活躍するも、草薙の剣ミヤヅヒメに預けて戦ったことで死ぬ
  • 預かったミヤヅヒメが熱田神宮を作り、そこに今も奉納されている。
  • レプリカは壇ノ浦の戦いで川に落ちて見つからず
  • 実物は何をされても生き残る。
  • 草薙の剣を見たものは呪いにかかって死んだりしている
  • 草薙の剣最強!

草薙の剣って他の神器よりパワフルですよね!
神話としても面白いので気になる方は調べてみてください♪

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事